育毛は頭皮の状況を確かめてから

育毛は頭皮の状況を確かめてから

男性型脱毛症(AGA)は加齢による症状ではありません。
最近では、食生活の変化のせいか若い人にも、
AGAと診断される人が増えてきているようです。
育毛剤が年齢の差で効果が変わるという事はありません。
むしろ早めの対策をとった方が、将来的にもハゲになりにくい体質へとなるようです。

 

しかし、10代ぐらいからの薄毛・抜け毛はAGAだけではなく、
栄養バランスやストレスなど他の原因も考えられます。
抜け毛・薄毛の防止策は、食事やマッサージなど他の方法でも対策できます。
育毛剤は年齢には関係なく効きますが、安易に頼るのではなく、
しっかりと自分の頭皮の状況を把握したうえで使用するようにしましょう。

 

育毛剤にも使用目的によって色々なタイプがあります。
その目的によっては、育毛剤の中でも年齢が若いと効かない場合もあります。
例えば、男性ホルモンに干渉して抜け毛を抑制するタイプの育毛剤などは、
あまり若いうちから使用するとホルモンバランスが崩れ、
むしろ頭皮に悪影響を及ぼしかねません。
育毛剤は、使用用途と頭皮の状況を考えて使うようにしましょう。
頭皮に直接塗るタイプと飲むタイプの育毛剤などによっても効果に違いがあります。