薄毛の原因になる男性ホルモン

薄毛の原因になる男性ホルモン

育毛剤とホルモンとの間には、実は深い関係があります。
特に男性の場合、体内から分泌されるジヒドロテストステロンというホルモンが、
AGA(男性型脱毛症)の主原因になると言われています。
ジヒドロテストステロンは男性にはなくてはならないホルモンですが、
これが毛母細胞で機能すると、毛の成長を阻害し、脱毛へと促します。

 

育毛剤とホルモンの関係の原因については、いまだに謎な部分が多く、
はっきりと解明措置について言及できないのが現状ですが、
生え際や頭頂部に強く脱毛作用を及ぼすらしいということだけは、
現在解明されています。

 

こういった研究結果を踏まえて、
最近人気の育毛剤の中にはホルモンの働きを抑えるものが出てきています。
直接頭皮に塗布するタイプと経口摂取型の飲むタイプとがありますが、
両方ともホルモンを抑えて脱毛を防ぐ、というのが目的の育毛剤です。
AGA(男性型脱毛症)の主原因と言われているこの男性ホルモンですが、
因果関係の詳細はいまだ不明の点が多く、今後の研究結果が期待されています。