育毛剤と発毛剤の明確な区別とは

育毛剤と発毛剤の明確な区別とは

最近では、抜け毛・薄毛対策の様々な商品が登場し、
それぞれ色々な名前と効果で選択の幅を広げてくれています。
中でも育毛剤と発毛剤の違いというのは、どちらがどう違うのかが分かりにくく、
逆に選択に迷う原因にもなりつつあります。

 

一般的に育毛剤と発毛剤の違いは、
育毛剤が毛髪を太くて力強い毛に成長させる効果のあるものに対して、
発毛剤は今現在毛のない毛穴の毛根を刺激して毛を生えさせる効果のあるもの、
といった所ではないでしょうか。

 

つまりこの育毛剤と発毛剤の違いに関する一般的見地によって、
今ある髪の毛をもっと強く丈夫に育てたいと考える人は育毛剤、
新しく髪の毛を生育させたいと考えている人は発毛剤という風に、
使い分けができる様に思われます。

 

しかし、実際は育毛剤と発毛剤の違いに関する明確な薬事法的見解はありません。
名称については両方の定期に違いはなく、
実は「髪の成長を助ける」というカテゴリーでひと括りにされているのが現状です。
つまりその名前云々ではなく、効果や用途を考えて選ぶ事が重要ということです。